家出人探し(行方調査)

捜索願の出し方

警察への家出人捜索願(行方不明者届)は、 保護者・配偶者・その他の親族・家出人を監護している人・事実上の婚姻関係と同様の事情のある人・ 行方不明者の福祉に関する事務に従事する人・同居人や雇主など行方不明者と密接な関係にある人が、 警察へ捜索願を届け出ることができます。


届出する警察署は
・家出人が失踪した時の住所地
・家出人の保護者などの住所地
・家出人が失踪した場所
の、
最寄りの警察署・交番・駐在所など、どこでも届け出可能です。


捜索願を届け出る際に必要なものが、
届け出する人の身分証明書・印鑑・家出人の写真です。


届け出に必要な情報は、
家出人の本籍・家出時の住所・氏名・生年月日・職業・家出の日時や動機・家出人の人相・体格・着衣・車両使用の有無(使用しているなら車両ナンバー)・その他参考になる事項などです。

捜索願を出す前に、予めメモしたりしてから警察署へ出向くとスムーズに手続きができます。


警察に捜索願を提出すると、警察本部のコンピュータに登録されます。
登録後、一般家出人特異家出人に分けられます。


一般家出人は、成人が自らの意志で家を出たり、借金などで夜逃げなどのケースは基本的に捜査はしません。
警察官の日常的に行う、警ら・巡回・少年補導・交通取り締まり・犯罪の捜査などの活動内で発見に務めるという程度です。
要するに、自らの意思で出て行ったので、基本的には探さないが、
警察と何らかの関わりがあった時には、行方不明者として届け出がされているので連絡・保護してくれるということです。


一般家出人と違い、
家出の原因などから判断して、自殺のおそれや事件・事故の可能性が高い場合特異家出人として手配されます。

警察庁の「家出人発見活動要綱」に、「犯罪により、生命・身体に危険が及んでいる恐れがある人」と捜索願を受理した警察署が判断したら速やかに捜査しなければならないと、定義されています。


特異家出人とは、幼児や病人・老人など自分の意志で失踪することが考えられないひとや、事故に巻き込まれた可能性があるひと・殺人や誘拐などの事件に関わりがある人・遺書や日頃の言動などから自殺の可能性のある人を指し、そのような場合において捜査担当者が配置され、捜索活動や公開捜査が行われます。

簡単にいうと人命に関わる恐れがあるなど緊急性の高い場合に警察は動くというわけです。


一般家出人に場合、
警察に届け出をしたから、探してもらえる。なんて安心できませんね・・・
家出人が、交通違反や職務質問など、警察と接触しない限り見つかることはまずありません。
正直、見つかったらほんとに運がいい。くらいの感覚でいましょう。


かと言って、自分たちで簡単に見つかるようなら、警察にもたのみませんよね?
少しお金はかかりますが、探偵社などに依頼するのも1つの手です。
探偵に人探しを依頼した成功率は90%と高確率
警察よりは、確実に情報を得られると思います。



関連記事

人探しに必要な費用

自力で探す方法


<<<前の記事『人探しに必要な費用』


次の記事『自力で探す方法』へ>>>



>>【家出人の探し方を徹底解説】警察への捜索願 vs 自力 vs 探偵に頼む? TOPページへ戻る

クレカのセキュリティ