その他 探偵に依頼できる調査

子どものいじめ対策

子どもの自殺原因で1番多いのいじめが原因によるものです。 最近の子どものいじめは陰湿です。 先生や親、周りの子どもにも分からないよう巧妙に考えてやっています。


一見仲良しグループのように見えても、実際は本当に仲良しなのかは、
本人たちにしかわかりません。


小学校高学年以上になってくると、友達にいじめられたとか嫌なことされたなど
いちいち親や先生に言いません。


言うと「チクった!」」などと、またいじめの対象となっていく・・・
まさに悪循環です。


親は、子供のちょっとした変化に気づくものです。
「もしかして、いじめられているのでは・・・・??」と思って聞いても、子供が否定してしまえば
本当のことはわかりません。


誰にも言えずに、1人で悩んでいるのでは?と思うと親としてはなにができるんだろう?と考えます。


学校側にいじめの事実があるかどうかを確認しても、証拠もなく本人たちが否定してしまえば
あやふやになってしまい終わりです。

また、そのことが引き金になり、いじめがひどくなることも予想できます。


子どものいじめ問題は非常にデリケートです。

学校も確証がない限り、いじめとして捉えてくれないことが多いです。
学校にいる時は、先生やほかの生徒の目があるので、目立ったいじめはしないでしょう。


1番怖いのは学校の外です。
帰り道や放課後、塾や外出先でいじめ行為が行われていると、
いじめられた本人・いじめた本人にしかわからないという状況です。


いじめも、時間が経てば経つほど悪質になっていきます。
早期に発見し対策してあげることがなによりの解決策です。


そこで、最近
探偵に子どものいじめ調査を依頼してくる親が増えてきているそうです。


学校に相談しても、なかなか動いてもらえないから、
どうにかいじめの実情を把握し、学校や教育委員会に動いてもらい
いじめを解決したい!と思う切実な親の思いが、探偵への依頼という行動にあらわれているのでしょう。


実際、学校や塾などにいっているため、対象者(子ども)を四六時中尾行するわけではありません。
大人と違い、行動範囲や行動時間が決まっているので、依頼者である親からの情報をもとに行動・調査することになります。


対象者(子ども)の交友関係などを調べ、必要ならば撮影しておきます。
もし、いじめの現場に遭遇した場合、証拠をキチンとおさめ必要に応じて警護もしてもらえます。


親側からしたら、探偵にたのんでいることで安心感は得られます。


いじめ対策で探偵を使うことは、子供に不信感をあたえるのではないか?


どんな手を使っても、真実を知り問題を解決してやるべきだ!
と意見は賛否両論です。


学校側の対応策も、被害者対策ばかりで加害者への教育・指導は行っていないのが現状です。
いじめられる方が悪いのか!?そう言いたくもなります。


最悪の場合、命の危険にまで及ぶ可能性のあるいじめ問題を解決する方法として
探偵を利用することは、決してわるいことではないと思います


真実をハッキリさせようとしない、世の中の風潮がそうさせているのではないでしょうか?
と私は思いますね。



<<<前の記事『ストーカー対策』



>>【家出人の探し方を徹底解説】警察への捜索願 vs 自力 vs 探偵に頼む? TOPページへ戻る

クレカのセキュリティ