その他 探偵に依頼できる調査

盗聴器発見調査


探偵社への依頼最も多いのは浮気調査ですが、次に多い依頼は盗聴器の発見調査なんです!!


例えば、こんなものに盗聴器は仕掛けられてます。
屋内は、家具の内外・換気扇の内側・電灯・電話機周辺・電源コンセントなどです。
特に、電源ソケットに偽装されてタイプの盗聴器は、家庭用電源から電力を得て動作しているので半永久的に動作し続けます。


屋内に設置された盗聴器は、だれがどんな時に設置しているのでしょう??
外部から侵入されたことがないならば、身内の可能性もあります。
また、部屋の合鍵をもっていたことのある人物(昔の恋人や同居人)・会社の場合は元従業員など。


他には、工事関係者(ネット工事や電話工事で家の出入りをしたことのある人物)
賃貸アパートなどの場合は、前の居住者のころから盗聴器がついていたことも考えられます。


屋外では、電話線周辺(電話保安器)に仕掛けられていることが多いです。
2本あるヒューズのうちの1本が盗聴器だったというケースが結構多いようで、盗聴器の調査の際、
まずここがチェックされます。
普通に生活していると、開ける場所ではないので、住人が気づくことはすくないです。


屋外に仕掛けられる盗聴器は外部の人間の可能性が高いです。


ストーカー空き巣など犯罪目的や、盗聴目的のマニアが仕掛けていくこともあります。
まれに、探偵などが調査のために設置することもあるようです。


あとは、車内にも盗聴器が仕掛けられることは多々あります。
ダッシュボードやルームランプ・シートの下などに仕掛けられることが多いです。
また、盗聴器とGPSをセットで取り付けてあることもあります。


その場合、車両の外側バンパーの下や、ナンバープレートの裏側などに磁石などで取り付けられていることが多く、
目視でもなかなか気づかなくてそのままになっているケースがほとんどです。


自分の家に盗聴器を仕掛けられているなんて思ったことがありませんが、
人の出入りの多い家や、なにかトラブルに巻き込まれたことがある・空き巣に入られたことがある家は、
盗聴器が仕掛けられているかもしれないので注意が必要ですね。


【自分の家に盗聴器があるのかどうかの簡単なチェック方法】


盗聴器があるかどうかは、盗聴器が発する電波でわかります。
※コードレス電話で会話をしていると雑音が入る
※TVをみていると画像が乱れたり、音声が途切れる
などの症状が頻繁にあるようなら、盗聴の疑いがあります。
不安なら盗聴器調査を依頼してみるといいでしょう。


誰がなんの目的で盗聴してるの!?
盗聴器なんて、誰が取り付けるの?と思うでしょう。


それが意外と家族や交際相手・元交際相手など身近な人が仕掛けていることにびっくりです。
その理由としては、家族は交際相手は相手の浮気や素行調査が目的だったり、


元交際相手や友人・知人などの場合は、ストーカーの可能性もあります。
また、ただ単に盗聴を楽しむ目的の盗聴マニアなどの仕業ということもあります。


会社関係では、
営業中の社員の行動を会社が管理するために取り付けられている場合や、
ライバル企業や社内のスパイが盗聴器を取り付け、企業情報を得るために仕掛けていることもあります。


他にも、訴訟や恐喝などトラブルを起こしている相手に仕掛けて有利な情報をえようとしていることもあります。


いろいろな目的で仕掛けられている盗聴器ですが、盗聴は法律に触れ罪になることを知らない人は意外と多いです。


例えば、
*盗聴器を仕掛けるために他人の家に侵入した・・・刑法
*盗聴器の電波送信出力を強めるために改造した・・・電波法
*他人の家の電話回線を切断して盗聴器をしかけた・・・電気通信事業法
*会社の更衣室に盗撮用のカメラを設置した・・・軽犯罪法
*他人が仕掛けた盗聴器の電波を受信して聞いた(傍受)・・・法に触れない
*他人が仕掛けた盗聴器の電波を受信して聞いた(傍受)ことを他人に話した・・・電波法


自ら、他人の家などに盗聴器を仕掛けることは法に触れることもあります。
ですが、他の誰かが仕掛けた盗聴器の電波を受信して聞くことは今現在取り締まる法律もなく
野放し状態
です。


自宅に盗聴器が仕掛けられていたら、
どこかで誰かが聞いていると思うと気持ちが悪いですね・・・


市販されている盗聴発見器もありますが、
盗聴器以外にも反応するなどの誤作動も多く信頼度は低いです。
確実に盗聴器調査をしたいのであれば、探偵社に相談してみることが1番信頼度は高いでしょう。


関連記事

ストーカー対策


<<<前の記事『身辺調査(結婚調査)』


次の記事『ストーカー対策』へ>>>



>>【家出人の探し方を徹底解説】警察への捜索願 vs 自力 vs 探偵に頼む? TOPページへ戻る

クレカのセキュリティ